利用目的
- こんな方のために -

会員制保護猫飼育プロジェクト P-CAT HOUSE

『飼い猫のセーフティーネット』
会員制保護猫飼育プロジェクトに参加しませんか?

photo

こういった方々にご参加いただきたいのです。

・飼い主のいない猫(保護猫)の命を、できるだけ救いたい方
・猫は好きだけど、様々な事情で家では飼えない方
・自分や家族の事情で、猫の面倒を生涯みる(終生飼育責任)ことに不安を感じる方
・猫を飼った経験がなく、実際に飼ってみないと心配な方
・仕事が多忙で、毎日は猫の世話ができない方
・現在猫を飼育中で、万一急に変えなくなった場合飼育を引き継ぐ先の当てのない方


民法上契約可能な方であれば20歳でも65歳以上での方でも、本プロジェクトにご参加いただけます。

ページTOPへ戻る△

このような方は
『P-CAT HOUSE』にご相談ください!

photo

高齢の家族が飼っている猫が心配…

高齢の母だけが私たちとは離れて実家に住んでおり、猫を1頭飼育しています。最近は母も体調のすぐれない日があり、
もし、入院やこちらで介護することになれば、私たちの住むマンションでは猫は飼えません。何か良い方法はないでしょうか?

『P-CAT HOUSE』にご参加ください!

お母さまに予め単独飼育会員(飼育継承希望)となっていただき、飼育中の猫を会員共同所有の猫とすることで、今まで通り飼い続けることが出来ます。万一の場合『P-CAT HOUSE』にて飼育を継承することができます。

ペットを飼いたいけど、最後まで飼い続けられるか不安…

65歳になる、一人暮らしの女性です。
心の癒しに是非猫を飼いたいのですが、子猫や若い猫は長く飼えるか不安です。譲渡会では審査で断られてしまいました。

『P-CAT HOUSE』なら、安心して猫が飼えます!

共同飼育会員として、都合のいい日に施設にお越しいただき協力して保護猫の世話をしてください。猫の飼育にも会員にも慣れたら(半年程度)、単独飼育に切り替え、自宅に気の合う猫を連れ帰り、飼うこともできます。

猫が大好き。保護猫を飼って、何とか助けたい…

家族と同居する23歳の女性です。猫が大好きで、飼いたくて仕方ありません。
また、多くの保護猫も助けてあげたいです。でも、家がマンションで、規約で猫を飼うことができません。何とか保護猫を飼うことはできませんでしょうか。

『P-CAT HOUSE』で、一緒に保護猫を助けましょう

『P-CAT HOUSE』は、これまで保護猫を直接助けることができなかった方々にこそ、是非ご参加いただきたい会員制保護猫飼育プロジェクトです。会員それぞれの都合に合わせて、飼育施設でみんなで一緒に保護猫を飼う。これが『飼い猫のセーフティーネット』をつくっていくことに繋がります。

ページTOPへ戻る△

よくあるご質問にお答えします

photo

里親と単独飼育会員の違いがよくわかりません。
保護猫の飼い主責任を分担(シェア)する飼育方法です

保護猫の里親は、猫を最後まで飼育する責任が個人にあります。これを終生飼養責任といいます。
病気でも経済的困難でも途中で飼育できなくなれば、誰かに責任をもって引き継がねばなりません。
こうしたことから「里親」は猫の生涯に責任もつ必要があるため、厳しい条件をクリアすることが要求されます。
これに対して『P-CAT HOUSE』の単独飼育会員は、保護猫の飼い主責任も会員全員で分担(シェア)します。ですから、万一自宅で飼育が困難となっても、共同飼育施設で継承飼育することが可能です。

道端で拾った子猫などでも、保護してもらえますか?
『P-CAT HOUSE』は人に飼われていた猫の保護を優先しています。

『P-CAT HOUSE』は人に飼われていた猫の保護を優先しています。ですから、野良猫の保護は行っておりません。

ページTOPへ戻る△

Contents List
0586-48-5229
会員のお申込みや、見学希望などお気軽にお問い合わせください。
※電話が重なりご対応ができない場合があります。その場合はお手数ですが、メールフォームよりお問い合わせください。 

Copyright(c)一般社団法人 愛知保護猫譲渡推進室