P-CAT NEWS

飼い主の終活には、ペットも加えて

2018/9/29

【ファイナンシャルフィールド】 ペットの終活 考えておきたいこと・備えておきたいこと

自らの人生の最後を迎える前に、様々な準備をしておく「終活」。でも、その時にはペットのことも忘れないでください。

高齢者のペット飼育者が目立つようになってきた現在、高齢者の死亡・入院・施設入居などで取り残され、行き場を失うペットたちが急増しています。

遺族のことを心配するだけでなく、ペットのこともしっかり考えて欲しいものです。


※写真はイメージです。

------------------------------------------------------------------------
ペットの終活 考えておきたいこと・備えておきたいこと

2018/9/29   ファイナンシャルフィールド


高齢者でペットを飼っている方が多いようです。

もしご自身が亡くなった後にペットが残されたら?または、大切なペットが亡くなったら?

知っておきたいペットの終活について説明します。

◼️高齢者のペット飼育率

2017年度は犬が892万頭、猫が952万6000頭飼育されており、猫が犬の飼育数を上回りました。また、平均寿命は犬が「14.2歳」、猫が「15.3歳」となりました。

ペットフード協会の「平成28年全国犬猫飼育実態調査」によると、過去10年間に何かしらのペットを飼っていた割合は、60代が最も高く48.6%でした。

定年後に動物を飼い始める人が増えているようですが、もし65歳で飼い始めるとしたら、猫は皆さんより長生きし、犬は散歩に連れていくことができない状態になっているかもしれません。

◼️想定しておくこと

(1)自分や家族が病気や介護状態になった場合
(2)自分や家族がペットより先に亡くなった場合

この2つのケースは、高齢者だけの場合と現役世代が同居している場合とでは違います。今回は高齢者のみのご家庭のケースで想定したいと思います。

(1)の場合は、一人でペットの世話をできるかどうかを想定し、できない場合は誰に頼むのか、一時的な預け先などを考えておく必要があります。犬の場合は、散歩を請け負ってくれるサービスを利用することもできますが、それなりに費用も掛かるため、金銭面での想定も大切ですね。

(2)の場合は、ペットだけになってしまう前に、ペットのもらい手やお世話をしてくれる人を探しておきましょう。その際には、遺言やエンディングノートのほかに、「ペット信託」を活用してもいいと思います。

◼️具体的にどうすればいいのか

では、具体的にどうすればいいのか考えてみましょう。

まず遺言をする場合ですが、「負担付遺贈」といって、ペットの面倒をみてもらう代わりに財産を遺贈することができます。ただし、事前に遺贈相手の同意をとっていない場合は、遺贈を放棄することができるため注意が必要です。

エンディングノートには、世話をしてくれる人が困らないように、餌の好み・散歩の回数や時間・アレルギー・食事の回数や好みなどを書き、自分亡き後のペットの行き先などをお願いしておくといいでしょう。ただ、法的効力はないため、やはり事前に家族や周りの人と話し合っておく必要があります。

「ペット信託」は強制力をもたせることや監督人をつけることが可能ですが、やはり誰に託すのかが悩ましいところです。

その他、ペットと入れる高齢者施設なども最近はあるようですが、早め早めに対策を打ち、いざという時にペットが行き場をなくさないように考えたいですね。

◼️ペットが先に死んだ場合

飼い犬が死んだ場合は、自治体・役所へ死亡届を30日以内に提出することが義務付けられています。犬の場合は狂犬病が関係しているため、飼い主は必ずこの手続きを行う必要があります。

その他、ペット保険に加入していれば、解約や請求の手続き・埋葬の手続きなどを考えなければなりません。高齢化する中で、こういった手続きができなくなった際にどうするのか事前に決め、最後まで責任をもって飼うようにしましょう。

photo

ペット後見に取り組む様々な動き

2018/9/1

【現代ビジネス】 実の子どもより深刻な「ペットを遺して死ねない」問題、その解決法

当団体が取り組む「P-CAT HOUSE」という会員制保護猫飼育プロジェクトは、ペット後見の一つの方法です。

この記事のような話題が、ネットニュースに上位ランクされるということは、ペット後見の必要性が一般に理解され始めている証だと思います。

記事の中に挙げられている、ペット後見互助会「とものわ」さんとは、猫の終生飼育のためのサポーターのような形で参加させて頂いております。また、「東京キャットガーディアン」さんには3回ほどお伺いし、代表の山本葉子さんとも意見交換をさせていただいたり、共に環境省に陳情に行ったりさせて頂きました。

ペット後見のシステムには、それぞれの工夫があり、若干違いがあります。しかし、互いに共通していることは、猫を飼い主の万一の危機から保護して、終生飼養したり、里親に譲渡するには、相当の費用がかかるという現実に沿って、持続可能なように設計されているということです。

ペットを適正に飼育するには、長期間では相当なお金がかかることは、是非ご理解ください。


※写真はイメージです。

------------------------------------------------------------------------
実の子どもより深刻な「ペットを遺して死ねない」問題、その解決法

2018/9/1(土)  現代ビジネス

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00056836-gendaibiz-bus_all
 

photo

単身者のペット飼育には「セーフティネット」が必要

2018/9/1

【東洋経済オンライン】 一人暮らしで動物飼う人の小さくないリスク

「ペットを飼う単身者」が増加する傾向にあるようです。これに危機感を抱く動物保護団体やブリーダーも多いのは事実でしょう。「世話が十分できない」とか「飼い主の孤独死が心配」などが理由とされますが、これは子犬や子猫の場合で、例えば譲渡が困難な10歳以上の高齢の犬猫だと、まず飼育してくれることが最優先となります。

当団体では、比較的高齢の保護猫を会員共同で飼育したり、単独で飼育しながら万一の預かりや引き取りに備えるなど臨機応変な対応によって、単身者の方にも保護猫飼育活動に参加していただきたいと考えています。こうした「セーフティネット」の下でなら、単身者のペット飼育もそのリスクは小さく、メリットは大きくなるでしょう。

※写真はイメージです。

------------------------------------------------------------------------
一人暮らしで動物飼う人の小さくないリスク

2018/9/1(土)  東洋経済オンライン


https://toyokeizai.net/articles/amp/235612?display=b

photo

日本でも子犬・子猫のペットショップでの販売禁止を!!

2018/8/23

【ロンドン時事】英、子犬・子猫の販売禁止へ

日本でも、悪質ブリーダーの存在がペットショップの販売を通じて、不幸な子犬・子猫の供給源になっているのが現実です。

イギリスだけでなく、日本も全国の動物愛護団体が5年毎の動物愛護法の改正に向けて国会議員への働きかけを強めています。詳しくは2018/5/21付「活動報告」の「8週齢規制、各種数値規制、繁殖業の免許制を求める緊急院内集会」をご覧ください。


※写真はイメージです。

------------------------------------------------------------------------
英、子犬・子猫の販売禁止へ=生後6カ月未満―悪質業者を排除

2018/8/23 ロンドン時事

英政府は22日、生後6カ月未満の子犬や子猫の販売を禁止する方針を発表した。

英国では劣悪な環境でペット用の犬猫を繁殖させる「パピーファーム(子犬工場)」に対する批判が強まっており、悪質業者を排除する狙いがある。

子犬や子猫は人気が高く、しばしば高額で販売される。しかし、幼少期に母親と引き離すことで健康面の問題が生じたり、社会性を欠いたりすると指摘される。さらに、狭いケージの中で犬猫に次々と出産させ、数週間以内に売りさばく子犬工場がはびこる原因にもなっている。

政府は同日から意見を公募した上で詳細を詰め、法案を議会に提出する。ゴーブ環境相は「ペットをひどい環境に置いてきた連中が利益を得ることはもうできなくなる」と強調している。

実現すれば、子犬や子猫を飼いたい場合でも、ペットショップなどでは購入できなくなる。ただ、優良と認定されたブリーダーから直接購入する場合と動物保護施設から引き取る場合に限っては認められるという。

禁止されるのは英国全土ではなく、イングランドのみ。英国では近年、救出された繁殖犬を通じて子犬工場の実態が明らかになり、社会的な反響を呼んでいた。動物愛護団体は政府の方針を歓迎している。 

photo

全国に先駆けた動きを期待

2018/8/1

【毎日新聞】広島県、野良猫122匹を不妊・去勢手術

これまでの野良猫の不妊・去勢は地域住民の自費で行われたり、民間の専門団体とタイアップして特定の島や市町村単位で行われることが多くありました。

広島県のように県が予算を確保して行うことは極めてまれで、今後これを計画的に進め、全国に先駆けた動きを創り出して欲しいものです。


※写真は毎日新聞より。

------------------------------------------------------------------------
野良猫122匹を不妊去勢 「猫のまち」尾道で繁殖防止

2018年7月31日 毎日新聞 

野良猫(地域猫)の繁殖防止を目的とした広島県による初めての一斉不妊去勢が、尾道市西土堂町の市勤労青少年ホームであり、市内の122匹が手術を受けた。尾道は猫のまちとして観光客に人気がある一方、ふん尿を巡って世話をする住民と反対派の対立が起きている。 

この日、野良猫や首輪を付けた地域猫がかごに入れて持ち込まれ、麻酔後、不妊や去勢手術を受けた。耳には手術済みを示すカットが入れられた。 

地域猫3匹を連れてきた尾道市西久保町の主婦、村上加代子さん(64)は「子猫の引き取り手探しに苦労していたので、こういう機会はありがたい。できれば手術跡が化膿(かのう)しにくい秋に開催してほしい」と話していた。

photo

犬猫の展示販売中止を決断

2018/7/29

【福井新聞】犬猫展示販売中止 ペットショップが決断

ペットショップはどうあるべきなのでしょうか。日本では生体販売で大きく利益を上げることが当たり前になってきましたが、本当に犬猫と人の間を取り持って、双方が幸福になれるのでしょうか。正しい飼い方を購入希望者に先に教えるのでもなく、とにかく安く仕入れて高く売り飛ばす。売れ残ったら、すぐに闇業者に処分させる。そういった業者が多いために、不幸な犬猫が多く発生しているのは事実です。

この記事にある公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長の女優杉本彩さんのおっしゃる通り、ペット業界は時代にあったモラルあるビジネスへの転換が求められているのでしょう。


※写真は福井新聞より。

------------------------------------------------------------------------

犬猫展示販売中止、ペットショップが決断 飼育放棄減を願い

2018/7/28(土)   福井新聞 

飼育放棄された犬猫の殺処分や、大量繁殖場「子犬工場(パピーミル)」が社会問題になる中、福井県福井市内のペットショップが、子犬や子猫を店頭のショーケースに並べる生体展示販売の中止を決断した。命の「売れ残り」などが生じやすい手法を見直し、飼育放棄につながりやすい衝動的な購入を減らす。今後は、フードや用品販売、毛をカットするトリミングなど犬猫の一生に寄り添うケアサービスに力を入れていく方針で「飼い方や食事、しつけの助言で信頼されるショップになれば十分やっていける」としている。 

生体展示販売をやめるのは福井市福新町のバウワウ運動公園店。1985年に市内で開業し、移転した現在の「北陸最大級」の店舗で、トリミングを行うほか、国内外のフード、用品を取りそろえる。運動場のドッグランも無料開放している。 開店当初から行ってきた生体展示販売の中止について、店長の酒井伸明さん(35)は「展示販売に否定的な人が一定数いて、自分自身も(否定的な意見に)一理あると思っていた」と話す。 生体展示販売を行うショップの多くで行われている「抱っこさせ、聞かれない限り詳しい説明をしないような、衝動買いをさせるやり方」には反対だった。購入後、説明不足が原因で「思ったよりほえる、毛がたくさん抜けるからいらない」と安易な飼育放棄につながるケースが少なくないことにも疑問を感じていた。 

バウワウ運動公園店はこれまでも「ブリーダーから一匹一匹厳選してもらって」販売し、ペットの状態に応じたフード販売などアフターケアにも力を入れてきた。飼育上のトラブルが起きないよう心掛け、スタッフにも無理に勧めないよう指示。顧客に購入を思いとどまらせたこともあるという。 生体展示販売は今年3月に仕入れた子猫たちで取りやめ、犬猫を購入したい人にはブリーダーを紹介するなど相談に応じる。今後は厳選したフード、関連グッズの販売やトリミングに一層力を入れていく考えだ。これまでの知識と経験を生かし、「ペットライフを送る飼い主と信頼関係を築いて一生の付き合いになれば」と考えている。 

生体展示販売を「犬猫の大量生産・大量消費の温床」と訴えてきた公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長の女優杉本彩さんは「ペット業界は時代にあったモラルあるビジネスへの転換が求められている。(生体展示販売をやめる)英断に心から敬意を表したい」とコメント。買う側にも「自分の消費行動が動物たちを苦しめことを念頭に置いて、責任ある選択をしてほしい」と呼び掛けている。

photo

極端な多頭飼育は虐待行為

2018/7/14

【中日新聞】猫45匹 虐待容疑で捜査

名古屋市北区の市営住宅で先日発生した多頭飼育崩壊ですが、名古屋市西区の猫の愛護団体が、強制退去となった元住人2名を愛知県警に動物愛護法違反(虐待)で刑事告発し、愛知県警はこれを受理したとのことです。

恐らくこの元住人2名は、法律違反の意識は全くなかったと思われますが、僅か入居から1年足らずで、結果として虐待と言われても仕方がない状況になってしまったということだと思います。

多頭飼育崩壊事件は、飼い猫の不妊・去勢手術をしないことによる自由繁殖が主な原因ですが、このことを取り締まる法律はありません。したがって、結果として動物愛護法違反(虐待)になることを全国に周知徹底させるために、この告発が意味あるものになることを願いたいと思います。

※写真はイメージです。

------------------------------------------------------------------------

猫45匹、虐待容疑で捜査 名古屋の女性退去、愛護団体が告発 

2018/7/14  中日新聞朝刊 

名古屋市北区の市営住宅で四十五匹の猫を飼育していた住人が強制退去となった問題で、劣悪な環境で飼育したのは虐待に当たるとして、同市西区の動物愛護団体「花の木シェルター」が十三日、元住人でいずれも四十代の姉妹二人を愛知県警に刑事告発し、県警は告発状を受理した。ペットの数が増えて世話ができなくなる「多頭飼育崩壊」は全国で問題となっており、動物愛護法違反(虐待)の疑いで捜査する。

告発した団体は五月末、近所の住人の相談を受け、市職員と姉妹宅を訪れ実態を確認。市によると、姉妹は猫の数を把握しておらず、室内には猫の排せつ物や死骸が放置されていた。告発状では「不衛生な飼育環境を改善せず、動物を衰弱させており、虐待に該当する」と指摘している。同法は、劣悪な場所での飼育は「ネグレクト」で虐待に当たると定めている。

姉妹は昨年二月、市営住宅に入居。悪臭などの苦情から、市が退去を求めて今年一月に、名古屋地裁に提訴。六月に強制退去処分となった。河村たかし市長が猫を殺処分しない方針を示し、市動物愛護センター(千種区)が、姉妹宅にいた猫を保護している。

多頭飼育崩壊の問題では、神奈川県大和市で昨年六月、男性が不衛生な自宅で多数の猫を飼育していたとして神奈川県警に書類送検された。岐阜県警も四月、同県大垣市の自宅で犬二匹を衰弱させて虐待したとして、男を逮捕。男は、他に二十匹以上の犬を飼育していたという。 愛知県警は、姉妹の猫の飼育方法が虐待に当たるとみている。花の木シェルター代表の阪田泰志さん(34)は「劣悪な環境で多頭飼育をする人に虐待の意識がない。被害を増やさないために刑事責任を追及してほしい」と話している。

photo

名古屋市獣医師会が名古屋市に協力

2018/6/22 

【東海テレビ】“多頭飼育崩壊”市営住宅から保護のネコ 不妊・去勢手術が民間病院でも

名古屋市北区の市営住宅で先日発生した多頭飼育崩壊のその後ですが、名古屋市が殺処分をしない方針を決めたのに続いて、名古屋市獣医師会が不妊・去勢手術の協力を申し出たようです。1~2頭に分けて全員で分担すれば、名古屋市に負担がかかりません。いずれは新しい飼い主がそれぞれ通院するのですから、こういう協力は社会問題の解決のために是非お願いしたいものです。

※写真はイメージです。

------------------------------------------------------------------------


名古屋市北区の市営住宅で劣悪な状態で多頭飼育されていたネコの避妊・去勢手術が民間の病院でも始まりました。 名古屋市北区の市営住宅では、ネコ45匹が多頭飼育されていて、先日、市がネコを保護。住人の姉妹が強制退去となっていました。 22日は、東区内の動物病院に2歳のオスのネコが運び込まれました。

獣医師:「(ネコは)若いし、状態はいいです。45匹収容すると聞いて避妊去勢手術に協力できないかと提案しました」 これまで名古屋市が、11匹の手術を行っていますが、市内の獣医師会から協力の申し出があり、これから市内17の動物病院で分担して、30匹あまりの手術を行います。 保護されたネコの手術は7月上旬までに終わり、名古屋市では飼い主を探すことにしています。


東海テレビ放送ホームページ
tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=56815&date=20180622

photo

NHKが里親探しの先進的番組

2018/5/27 

【NHK 家族になろうよ】保護犬・保護猫を家族に迎えよう!

2018年5月26日 (土) 午後11時45分 ~ 5月27日 (日)午前5時に、NHK「家族になろうよ」という、保護犬・保護猫の『テレビ譲渡会』ともいうべき画期的な長時間番組がBSプレミアムで放映されました。
5月26日 (土)の午後に収録されたものを深夜時間帯に放映したものでしたが「犬猫の殺処分問題について考えながら全国の動物愛護団体が保護して里親を募集している」
たくさんの保護犬や保護猫が同時中継で紹介されていました。
※番組で紹介された保護犬・保護猫は以下の番組ホームページにて動画でアップされています。

保護犬・保護猫の譲渡会は全国で盛んに行われていますが、時間や距離が壁となって、どうしても機会が限られてしまいます。こうした『テレビ譲渡会』という試みや、インターネットでの動画紹介は、こうした壁を取り除くアイデアだと思います。今後はインターネットテレビに専用チャンネルが開設され、全国の情報が常に提供されると、譲渡の促進につながると考えています。

【NHK 家族になろうよ】番組ホームページ
http://www.nhk.or.jp/kazoku-n/list_d1.html

photo

ページTOPへ戻る△

NHKが犬猫の殺処分問題最新情報を報道

2018/1/25

【NHKクローズアップ現代】どう減らす?犬・猫の殺処分

2018年1月24日(水)、NHK「クローズアップ現代」にて全国の動物保護シェルターで起こっている問題が取り上げられました。

平成24年の動物愛護法改正などを受け、多くの自治体が目標として掲げる「殺処分ゼロ」。殺処分される犬猫は大幅に減少しましたが、その陰で自治体の収容施設や民間施設は常にパンク状態。
収容頭数を超えた施設では伝染病のまん延や多頭飼育崩壊が起きるなどのケースが起きています。

クローズアップ現代URL:http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4090/

殺処分という難を逃れた犬猫たちが、その先の未来を幸せに生きていくためには、多くの方の理解と支援が必要です。

photo

ページTOPへ戻る△

「ミルクボランティア」に参加しましょう!!

2017/12/01

もっと知って欲しい「ミルクボランティア」

「ミルクボランティア」をご存知ですか?

動物愛護団体や自治体が引き取った「離乳前の子猫」や「子犬」を一般のボランティアさんが一時的に預かり育てる活動です。捨てられたり家族とはぐれ、母親と引き離された犬猫の赤ちゃんの体はとても弱く、生後1週間くらいは2~3時間おきのミルクや、こまめな温度管理、排せつの手助けなどが必要となります。

しかし、現実問題として多くの動物愛護団体や自治体は成犬や成猫だけでパンク状態です。
そこで「ミルクボランティア」のヘルプが重要となります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


愛知県が、環境省「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」 平成28年度モデル事業として、「ミルクボランティア」育成事業を委託されました。



※※※※愛知県 保護された幼齢犬猫対策(ミルクボランティア) 新規事業※※※※

殺処分数の多くを占める離乳前の犬猫について、一定期間哺乳等の世話を行うボランティア(以下「ミルクボランティア」という。)を育成して預託するシステム構築を検討する。具体的には、ミルクボランティアを育成するための講習会を実施し、受講した者に対して離乳前動物を一定期間預託し、飼養してもらうモデル事業を実施することによって、必要な支援や問題点の抽出を行う。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

photo

愛知県動物保護管理センターではミルクボランティアを募集しています。
動物の命を預かるうえで「愛知県内在住の20歳以上の方」「動物を飼育可能な住宅であること」など制限はありますが、少しでも多くの動物を助けたいと思われる方は講習会にご参加ください。

※写真はイメージです。

ミルクボランティア講習会 
日時:平成29年12月15日(金)愛知県動物保護管理センター
URL : http://www.pref.aichi.jp/douai/kazoku/milk.html

Contents List
0586-48-5229
会員のお申込みや、見学希望などお気軽にお問い合わせください。
※電話が重なりご対応ができない場合があります。その場合はお手数ですが、メールフォームよりお問い合わせください。 

Copyright(c)一般社団法人 愛知保護猫譲渡推進室